保育士という職業について考察してみました。

小学生女子の人気職業、保育士は果たして理想の職業か

時代は移り変わっても小学生女子の将来の夢ランキングの10位以内に必ず入っている職業が保育士です。女子はお人形遊びなどが好きですし、子供を育てるという母性本能を元々持っているのかも知れません。果たして保育士は女子の理想の職業といえるのでしょうか。保育士経験者として考えてみると、遣り甲斐や生き甲斐は十分に感じられる職業で、親より多くの時間接していますから、乳児保育の場合は最初の一歩や一言を、親より先に目にするこもありますし、「先生大好き」と言ってくれる子供たちには保育士冥利に尽きる幸せを感じます。男性からみた場合は優しそうで甘えさせてくれそうなイメージはあるようで、見合いなどの席では男性側の親族の受けも良く第一印象がいいことは確かでしょう。

女性の職場、同僚とのトラブルは避けられない

男性の保育士も少しずつ増えているとはいってもいまだ女性の職場の領域です。女性同士だからこその陰湿なトラブルや苛めもあります。最初は保育方針の違いによる意見の食い違いだったのが、個人的に無視し合うことになったり、他の同僚も巻き込んで派閥が出来たりすることもあります。相性が合わない保育士同士が同じクラスを受け持つことになった場合いなどは最悪で子供にも影響が出て来ます。どの職業も同じだと思うのですが、保育士の人間関係を子供は敏感に感じとりますから、考え方の違いはあっても譲り合いながらやっていくことがとても大切だと感じますし、就職する時には自分の保育観に合ったところを選ぶことが大切だと思いますね。

クレーマーママとのトラブルもあります。

ひとりの子供だけを特別扱いしたり、特定の親だけに親しくしたりすることも気をつけなければなりません。親はしっかり見ていますからね、自分の子供を大切にして欲しいという親の心情を尊重するというのも保育士の仕事です。例えば他の子より保護を必要とする子供もいるわけですが、他の親が見ている前ではなるべく同じように接しないと不満が出て来たりします。お遊戯会の役の割り当ても公平にしなければクレーマーママから苦情が来ることもあり、そのために主役を5人にするということもあります。同僚や父母との多少のトラブルはあったとしても、毎日笑顔で飛びついてくる子供たちが保育士としての喜びを存分に感じさせてくれますし、やはり良い職業だと思いますね。

保育士の求人は、求人サイトだけでなく施設独自のホームページにおいても多くの求人が存在している点が特徴です。

一人で悩まないで!子育て中における悩みのネタ

抑えられない感情!うまくいかない家事にイライラ

子育てにおいて多くの方が悩むことは、家事が思ったように出来ないことに対するイライラや怒りの感情でしょう。子供がいなければスムーズに出来ていた家事が、子供への注意が必要になることでついつい後回しになってしまいがちです。夫の理解を得られると心理的には楽なのですが、日中に仕事していて疲れて帰ってくる夫にも悩みを言いづらい部分もあるでしょう。お互い助け合って家事を分担することがストレスを溜めずに子育てする秘訣なのかもしれません。

揉め事に発展!?しつけ問題

子供の自我が芽生え始めると、色々な行動が増え、善悪の判断がつかないためどこまで躾をするのかどうかが問題となります。両親のうちどちらかが厳しくて、どちらかが甘やかし過ぎるなど、それぞれの躾の度合いが異なると、親の間で揉め事になりやすい傾向にあるため、注意が必要です。躾において揉め事にならないようにするためには、一度親として躾についての方向性を決めておくことが重要ですので、バランスを考えて子供に接してあげるように努めましょう。

お金の不安も!復職するかどうか

子供が産まれるまで仕事をしていた場合は、子育てが落ち着くまで育休中となり、その後に復職するかどうかで悩む方も多いでしょう。復職する場合は、我が子を保育園に通わせることに不安も抱えることになりますが、将来のために生活費を稼いだり、貯金をするためには復職も重要です。また、2人目の出産で働くような状況は考えられないという場合もあったり、実家の両親に面倒をみてもらうことも検討したりと、仕事絡みの悩みは尽きませんね。

最近は夫と離婚してシングルマザーになっても子供の面倒を見ながら働く女性は多くなってきています。シングルマザーの仕事は子供が学校や幼稚園などに通っていればパートタイマーで働いく人が多いです。

ちょっとした工夫でアルバイトを楽しくする

情報収集をしてメリハリをつける

仕事で同じ作業を繰り返してばかりいると、退屈に感じてしまうことがありますが、惰性で続けるような状況と言うのは、精神的にも肉体的にも疲労感を伴うものです。そんな時は、通常とは違った意識を持って取り組むと、仕事をしながら息抜きのようなことができるものです。例えば、飲食業であれば、お客さん、オフィスの仕事であれば同僚の服装や髪形に着目して、ファッションの研究をしてみるのです。オシャレなアクセサリーをつけているのを見たりすると自分の中の新たな好みに気付くこともあり楽しいものです。

休憩時間を充実させる

仕事と言うのは息が詰まりがちで、どうやってリフレッシュするかと言うのが大事になってきますが、重要なのが休憩時間の使い方です。休憩時間中、ずっとデスクに突っ伏しているような休み方をしていると、あまり疲れがとれない場合があります。そこで、逆に動いたり話したりするようにするのです。程良く動くことが、体にとって良いリズムを作ることになる時もあります。買ってきたお菓子をみんなで分けて食べながら話したりすると、良い気分転換になります。

終業後を意識して踏ん張りをきかせる

仕事のモチベーションを高めるコツの一つに、仕事が終わった後の考える、と言うものがあります。今日は仕事が終わったら飲みに行く、欲しかった本を買いに行く、など、何か楽しみが待っていれば、頑張って仕事をしようと言う気になれるものです。土日休みの日との場合ですと、金曜日は「今日頑張れば、明日は休みだ」と考えて頑張れたりしますが、飲み会や買い物などを企画、予定して、踏ん張りをきかせる状況を自分で作るわけです。

福岡市での飲食店の求人は、未経験者歓迎の求人も多くあるので、これまでに飲食店の就業経験が無い方でも応募できます。